好きなものたち

好きなものをひとりがたり

食べる、寝る。

今週のお題「体調が悪いときの過ごし方」

 

どうもこんにちは、おかしゃんです。 今日も家事と育児とダラダラとバランスよく過ごしています。

 

ちょうどいいお題だなと思ったので、子どももおっとも寝ているこの隙にチャチャっと記事にしてみます。

 

さて、体調が悪いとき。ここ数年を思い返してみると、持病*1で少し悪くしたという特殊な状況を除き、いわゆる風邪の諸症状が出たのは年に1回歩かないか、です。基本的には健康優良ババアです。

 

それでも、季節の変わり目(特に突然寒くなったとき)には毎年鼻水ズルズルなり、少しのどが痛くなったりということを繰り返しています。

それこそ、コロナ禍だ!と騒がれていた年には、まさか罹ってないだろうな、、、と不安に駆られることもありました。

(一度だけPCR検査を受けた年があったな…結果的にはただの風邪でしたが)

 

さて、私が体調を崩して風邪の諸症状が出たときに何を一番にするかというと、まず食べる。とにかく食べる。

よく、「先週体調崩しちゃってやつれちゃったの」という女子を見かけますが不思議でたまりません。

だって、風邪ひいたら怠くなるじゃん?ウイルスと戦わなきゃ!って食欲湧くじゃん?食べるじゃん?んで体調悪いから基本横になる時間増えるじゃん?太るでしょ。

ということで、私は昔から風邪をひくととにかく食べて治すタイプだったので、風邪をひく=太る、でした。

卵とじうどん、卵粥などのよくある献立をはじめ、肉じゃがなど少し重ためな食事も食べます。

※さすがに唐揚げとかの油ものやそうめんなどのお腹を冷やしそうなものは避けました

とにかく体を温めて効率よくエネルギーになりそうな食事をたらふく食べ、何ならお菓子だって食べちゃうもんね(そりゃ太るよ)。

 

というテンションで、体調を崩したおっとにも食事を作るよと伝えたら、そんなに食ったら吐く…と言われ、まさかの「風邪をひいたらやつれる系」にこんな身近なところで出会うとは思ってもみませんでした。

 

もちろん、寝るのだって重要ですよね。たらふく食べて横になったらいやでも眠くなります。そして汗をかいて熱を下げる。この繰り返し。

 

人間食べなきゃ元気が出ない!

ただし、それが通用しないのが胃腸系にダイレクトに響く体調不良ですね。一度だけ、いわゆる胃腸風邪になった時はさすがの私もなにも受け付けられませんでした。。

 

食って寝ろ!はみんなに通用するものではないということを念頭に置きながら、これからも子どもたちが風邪をひかないよう、また風邪をひいてしまったらうつらないようサポートしていこうと思います。

 

*1:潰瘍性大腸炎のこと。以前記事にしたアレです。

 

happy-mama1030.hatenablog.com